今年も期待のナスダック!1/9週【QQQ】254,703円【2568】34,130円の評価損益

QQQ&2568実績報告

以下の表の4タイプで構成する投資商品の中で、灯凪田テイルが

キャピタルゲイン(成長益)を狙って投資しているのが、

ナスダック指数に連動する以下の2商品です。

①【QQQ】インベスコQQQトラスト・シリーズ1   

     米国ETF(ドルで投資) 設定日 1999年3月10日

②【2568】上場NASDAQ100米国株(為替ヘッジなし)

 東証上場ETF(円で投資) 上場日 2020年9月24日

 

1.12table①

1.12table②

QQQは1999年からと歴史あるETF、

2568は2020年上場されたばかりの新しいETFです。

2021年1月9週の①評価損益と②評価額は、

QQQが①254,703円、②2,214,667円

2568が①34,130円、②255,420円  でした。

スポンサーリンク

QQQの成長チャート

chart10.20②

QQQの成長率は、ほかの名だたるETF銘柄と比べても、

ご覧のように群を抜いています。

今後、本格的に5Gの時代になれば、

さらなる成長が期待できるのではと考えています。(*´▽`*)

取り合えず、2021年もナスダック指数は順調に上昇しています!!

1.14graph①

2568以外にも日本円で投資できるQQQ連動型銘柄

驚異の成長率で今年も期待大のナスダック指数ですが、

QQQには【2568】以外にも日本円で投資できる

【投資信託】と【ETF】があります。

ドル転のわずらわしさがない分、実際に投資してみると、

日本円投資の方がやりやすいかもしれません。

もちろん、好みですが。。。。(*´ω`*)

詳しくは、以下の記事から。

日本円で投資できる!QQQ連動型【投資信託】&【ETF】
成長率で人気のQQQ ティッカー【QQQ】で知られる 「インベスコQQQトラスト・シリーズ1」は 驚異の成長率で人気のETFです。 どれくらい成長率がすごいかというと、 同じ ETFのVOO(S&P指数のパ...

為替ヘッジについて

さて、QQQに連動する東証上場ETF【2568】は、

為替ヘッジ無の商品です。

これには為替ヘッジあり、のタイプ【2569】もあります。

では、この「為替ヘッジ」とはなんでしょう?

 

為替ヘッジとは

為替ヘッジとは、為替変動による外貨資産の

円ベースの変化を回避することです。

※ヘッジ(hedge)は「避ける」という意味。

 

海外の株や債券に投資する場合、通常その国の通貨で運用が行われます。

そのため為替変動により、円換算するときに資産価値も変動することになります。

このような為替の影響を避けることが為替ヘッジの目的です。

■為替ヘッジあり

〈メリット〉為替の値下がり(円高)による損失を避けることができる

〈デメリット〉ヘッジ・コストがかかる

■為替ヘッジなし

〈メリット〉外国株式の値上がりや、為替の値上がりによる収益を期待できる

〈デメリット〉為替相場の影響を受けるため、円高の場合は基準価額の値下がり

円安の場合は基準価額の値上がりの要因になる。

 

 

【QQQ】への投資はSBIネット銀行でドル転、

SBI証券で購入がおススメです。

【2568】は楽天証券がおススメ、僅かですが貸株

利益も得られます。

楽天証券&SBI証券のドル転は【指値注文】ができない。おすすめは…
コロナ・ショックで株価が下落。 この機会に、ドル転をして、米国株式やETFの購入を… と考えている方も多いのでは? maoちゃん ドル転からの「外貨決済」と「円貨決済」では、 どっちがお...
円貨決済と外貨決済どっちがおトク?【カンタン比較表!】 
米国株式(及び外国株式)を購入する際に、 「円貨決済」と「外貨決済」どっちがおトクなの? maoちゃん そんな疑問にわかりやすく【図解】でお答えします。( ̄ー ̄)エヘン (↑いや、にゃんこには...

 

またQQQについては、以下の記事から。

【QQQ】ナスダック連動ETF驚異の上昇率と魅力紹介
まず、以下のチャートをご覧ください。 2020.3.17現在、コロナ・ショックショックの影響で ほとんどの株価は下落していますが、その中でも驚異のパフォーマンスを 誇っているのが【インべスコQQQ信託シリーズ1】です。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました