【QQQ&2568】~10.4運用報告と野村投資部レポート②

QQQ実績報告

10月4日現在の

QQQ円換算評価損益は▲25,435円

円換算評価額は1,934,181円

【2568】評価損益3,720円評価額は82,320円です。

table10.8① table10.8②

table10.8③

QQQと、QQQに連動する上場投資信託【2568】ですが、

【2568】の方が早くもプラスに転じました。

これは購入のタイミング(購入時価格)もあるのですが、

QQQは外国株式なので為替の影響が大きいことが

運用してみてわかりました。

ドル換算だとプラスになっていても、

日本円換算だとマイナスなんてことが割とあります。

こうした点も発見、やはり実施に運用してみないと

わからないことってあるんですね。(*´▽`*)

 

スポンサーリンク

野村證券 投資情報部レポート②

父から相続した株があるため、定期的に届く

「野村証券投資情報部」のレポートに、

QQQの構成銘柄でもあるテクノロジーセクターの

投資戦略が記載されていたのでご紹介します。

テクノロジーセクターは足元で調整も一過性

ナスダックの上昇に伴い、QQQも一時期は300ドルを

超える高値を記録しましたが、その後ストンと落ちましたね。

これは調整か、それともさらなる下落の前触れかと

騒がれていましたが、野村投資情報部の考えは「調整」のようです。

 

*同セクターの業績拡大傾向は変わらず。

新しい生活様式が求められる中で、デジタル化の

進展は変わらぬテーマ。緩和的な金融政策の下で、

テクノロジーセクターが主導する相場が続くとみる。

 

様々なリスクは残るがFRBは緩和姿勢継続

*2020年4-6月を大底に、7-9月期はV字回復となるも

急回復のペースは巡航速度へ落ち着く。

*米中の対立は続き、米国で様々な景気対策が

期限切れを迎えている。

*景気回復を支えるべく、FRB(米連邦準備理事会)は

金融緩和姿勢の説明を強化し、利上げは少なくとも

2023年度以降になるとみられる。

 

米国テクノロジーセクターに引き続き注目

*株価調整が懸念される米国テクノロジーセクターだが、

同比率の高いナスダック総合指数の業績拡大見通しは

調整期間中も不変

*米国企業業績は2020年4-6月期を底に回復するとみられ、

業績上方修正のローテーションがテクノロジーセクターから

景気敏感セクターへと短期的に移りつつある。

*デジタル化への期待が短期的に急拡大した後の反動もあると

みられるが、電子商取引やメディア・娯楽、ソフトウェアなどの

テクノロジーセクターの優位性は不変であり、

引き続き注目すべきセクター

 

maoちゃん
maoちゃん

なるほど。テクノロジーセクターはあたしの可愛さと

同じく不変ってわけね! (`・ω・´)ゞ

灯凪田テイル
灯凪田テイル

無理やり、こじつけたわね。。。。(;^ω^)

でも取りあえず、QQQと【2568】は今後も

悪くない投資先のようでほっとしました。(*´▽`*)

灯凪田テイルの全保有商品

現在、灯凪田テイルが保有しているのは

特徴でわけると以下の4タイプです。

タイプ1【投資信託(インデックス・ファンド)】

毎月定期積立(合計5万円:楽天カード決済限度額)

① つみたてNISA 小計33,333円

②~④ 4,169円×1 4,166円×3 (小計16,667円)

① eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

② 楽天・全米株式インデックス・ファンド

    (楽天・バンガード・ファンド全米株式)

③ eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

④ eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

➄ iFree NYダウ・インデックス

タイプ2【米国高配当株式ETF】 

タイミング投資

① VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

タイプ3【J-REIT】 

タイミング投資

① いちごホテルリート投資

タイプ4【上場投資信託ETF

タイミング投資

① QQQ(パワーシェアーズQQQ信託シリーズ)

② QQQ連動 東証上場投資信託【2568】

 

 

上場投資信託ETF/QQQはSBI証券を利用しています。

米国株投資はSBI証券×SBIネット証券がお得!の記事はこちらから

初めての米国株式、購入操作方法はこちらから。 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

投資とお金の勉強をするなら! 

 

 

自己投資なら

 

 

タイトルとURLをコピーしました