【投資信託】~9.27週間報告と野村投資部レポート

Weekly report①実績報告

10月4日(日)までの投資信託(インデックス・ファンド)資産合計です。

 

時価評価額(5銘柄合計) 9,278,469円

評価損益888,967円

table10.4①

graph10.4①

灯凪田テイルの保有資産の中で、

投資信託は一番安定している投資です。(*´▽`*)

 

スポンサーリンク

野村投資部が斬る「投資環境の考え方」

灯凪田テイルは、父から株等の遺産を相続しているため、

野村證券からも定期レポートが届きます。

今回届いたレポートの中から、有益だなと思う

情報を共有しますね。(*´▽`*)

投資環境の考え方(世界・米国・ユーロ圏)

〈世界〉 景気回復が続く

*主要国経済のV字回復局面は一巡しつつある。

*世界掲載の成長率は、2020年は前年比-4.3%

2021年は同プラス6.2%と予想。

 

〈米国〉 景気回復ペースは巡航速度へ

*景気はV字で回復しているが、景気対策が相次ぎ期限切れ

を迎え、回復ペースは落ち着いていく。

2020年の経済成長率は前年比-4.3%

2021年は同プラス27.9%と予想。

 

〈欧州〉 金融緩和で景気下支えが続く

2020年は前年比-8.2% と大きく悪化予想。

ECB(欧州中央銀行)は景気に配慮して、金融緩和の姿勢。

*7,500億ユーロ規模の欧州復興基金は2021年以降、

新型コロナウイルスの被害の大きい国に対して重点的に

環境事業などの目的に向けて資金配分がなされる。

 

〈中国〉 景気は再拡大へ

*米中対立は様々な分野に広がっているが、経済全般に

悪影響を及ぼす極端な制裁は発動されていない。

2020年の経済成長率は前年比プラス2.2%

2021には同プラス9.4%に加速すると予想。

 

〈日本〉 規制改革重視の政権発足

*新型コロナウイルスの感染第2波は落ち着きつつある。

*海外の景気回復に支えられ、日本経済は外需主導で回復が進む。

2020年の経済成長率は前年比-6.1%

2021年はプラス3.1%と予想。

*菅政権発足、デジタル化の推進や規制改革を推し進めるとみられる。

*企業業績の下方修正は十分に進んだとみており、

2020年度は主要企業で前年比-19.6%

2021年度は同プラス49.3%に回復予想。

 

やはり世界経済の成長は、コロナでいったんは減速したものの、

比較的早く上昇気流に乗るとみられているようですね。(*´▽`*)

投資にもその恩恵が早く反映されることを、願っています。

 

灯凪田テイルの全保有商品

現在、灯凪田テイルが保有しているのは

特徴でわけると以下の4タイプです。

タイプ1【投資信託(インデックス・ファンド)】

毎月定期積立(合計5万円:楽天カード決済限度額)

① つみたてNISA 小計33,333円

②~④ 4,169円×1 4,166円×3 (小計16,667円)

① eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

② 楽天・全米株式インデックス・ファンド

    (楽天・バンガード・ファンド全米株式)

③ eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

④ eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

➄ iFree NYダウ・インデックス

タイプ2【米国高配当株式ETF】 

タイミング投資

① VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

タイプ3【J-REIT】 

タイミング投資

① いちごホテルリート投資

タイプ4【上場投資信託ETF

タイミング投資

① QQQ(パワーシェアーズQQQ信託シリーズ)

② QQQ連動 東証上場投資信託【2568】

投資信託(インデックス・ファンド)は楽天証券を利用しています。

楽天ポイントが貯まるし、クレジット決済ができるのも

計画的に貯められるので、長期積立には便利です。

楽天証券

 

楽天証券口座開設方法はこちらから。

楽天証券×楽天銀行×楽天カードの活用法はこちらから。

 

投資信託(インデックス・ファンド)のバイブル!

自己投資なら

 

タイトルとURLをコピーしました