5月1週~2週損益報告と吉村大阪府知事

A実績報告

今週に入っても、マイナスの含み損は変わらないので、

さくっと見てみましょう。

スポンサーリンク

含み損は再び▲200万円超えへ

はい。

以下が2月~4月まで。

グラフ5.12①

そして5月1週~2週までの損益です。

(※5月13日はデータを記録し忘れたので空いてます。。。スミマセン)

Graph5.19①

 

総資産の推移はこんな感じ。

まず2月~4月。

Graph5.12③

そして5月1週~2週まで。

Graph5.19②

 

maoちゃん
maoちゃん

なんだか、つまんない

灯凪田テイル
灯凪田テイル

だよね。(;´∀`) 報告している本人もそう思います

でも、でもね。

これで終わる灯凪田テイルではないのよ?

 

はいっ!

「週刊現代5月23日・30日号」に、いま大注目の

吉村大阪府知事の記事が出てましたぁ~\(^o^)/

 

maoちゃん
maoちゃん

ななな、なんですと!

もうアンタの損益報告なんてどーでもいいから、

そっちを早くっ!(↑どーでもよくはない)

 

この人、何者?大阪府知事・吉村博文という男

magazine①    ※月額500円のブック放題 でも読めます。

はい、下記がこの記事のタイトルです。

まさに同感、笑っちゃいました。(≧▽≦)

magazine②

サブタイトルも攻めてます。

小池都知事が完全に喰われた

はい、これにも異論はありませんね。

 

さて、この吉村大阪府知事、やはり子供の頃から優秀な方でした。

詳しくは記事を読んでもらうとして、簡単にご紹介しますね。

 

神童と呼ばれた子供時代

生まれは大阪府河内長野市、1975年生まれの44歳です。

中学時代は学年で成績がほぼトップ。(7クラスあった)

部活は陸上部、スポーツ万能で女子にもモテていたそうです。

 

maoちゃん
maoちゃん

だよね~、わかる!(にゃんこも納得だそうです)

高校は学区トップの大阪府生野高校へ進学。

関西の政財界の要人を多数輩出するこの名門校で、

志村府知事は初めて挫折を味わったんだとか。

 

maoちゃん
maoちゃん

うん、( ˘ω˘ )挫折大事!

挫折したことない人間なんて大物にはなれないのよ。

(↑にゃんこのくせに、偉そうだな)

 

挫折を知った高校・大学時代

なんでも、高校時代のクラスメートいわく、

「ああ、そんな奴がおったな」「印象が薄い」

という存在だったらしい。。。(;^ω^)

 

どうも生野高校には、吉村府知事くらいの秀才は

いくらでもいたようです。しゅごい。。。

 

そして多くの同級生が姉弟や阪大に進学する中、

吉村府知事が進学したのは九州大学法学部でした。

吉村府知事いわく、「センター試験で失敗して、

なんとか現役で行けるところを探した」そうです。

 

maoちゃん
maoちゃん

九州大学でも凄いぢゃない。だって国立でしょ?

親孝行だゎ。アンタなんか…

しーっしーっしーっ。あたしは私立が良かったのっ。

 

23歳の若さで旧司法試験に一発合格!

でも、希望通りではなかった大学に進学した吉村府知事は、

同級生が大学生活を謳歌する中で、地道に

勉強に打ち込んだのだそうです。

 

そして見事、23歳の若さで旧司法試験に一発合格!

法律事務所に就職してからも、仕事ぶりは

たいへん真面目だったそうです。

 

maoちゃん
maoちゃん

えらいわぁ~。頑張り屋さんなのね。

(↑かなり、気に入っている模様)

マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

そして最大のチャンスはやってきた

吉村府知事、最大のチャンス。

それはある番組制作会社の顧問弁護士を務めていたときに、

タレントのやしきたかじんさんに橋下徹さんを紹介されたこと。

 

橋下さんも吉村府知事も、高校時代はラグビー部。

「ラグビー」と「弁護士」とう共通点が縁となり、

吉村府知事はまず大阪市議戦に出馬します。

それが2011年のこと。

大阪維新の会の公認を受け、見事に初当選

2014年大阪4区から衆院選に出馬して当選

2015年には大阪市長を退く橋下氏に代わって

大阪市長に就任

2019年には、今度は大阪府知事選勝利したのです。

 

maoちゃん
maoちゃん

まさに破竹の勢い。。。(@_@;)

 

世論調査で「最も評価する知事」に

そして吉村府知事はコロナ禍の中、そのスピーディな行動力

大胆なリーダーシップで注目されるようになっていきました。

maoちゃん
maoちゃん

ここからは、もうみんなが知っていることね

 

日経新聞が5月8~10日に行った世論調査で、

新型コロナ患者が多い9都道府県のうち、

「最も評価する知事」という項目で全体の52%の

票を集め、トップに躍り出ました

2位の小池都知事が19%というから、

その評価は圧倒的です。

 

maoちゃん
maoちゃん

安倍さん、羨ましいだろうなぁ

灯凪田テイル
灯凪田テイル

あと(小声)小泉進次郎さんもね

もう、次の首相は吉村博文さんでいいデス。

そんで官房長官がしたたかなやり手の橋下徹さんで、

副総理大臣とかが経験と存在感の松井一郎・現大阪市長

 

あらま。

全部、大阪。。。(*´ω`*)

 

でもそれくらい、世間の評価は高いので、

日本もそろそろ若き圧倒的なリーダーが

登場してもいい時期なのでは?

実は、めっちゃ期待しています。(*´▽`*)

 

さて、この吉村府知事の記事は、

週刊現代5月23日・30日号で読めますが、

ブック放題 」なら月額500円で3万冊の雑誌と

札のマンガが読み放題なのでおススメです。

 

立ち読む感覚で読むもよし、

ブログ記事にするためにがっつり熟読もOK。

経済紙はもちろん週刊誌、女性ファッション誌、

旅行雑誌まで充実。

古紙にならないし、集積所に運ぶ手間もいらないので、

電子雑誌の読み放題はホント便利ですね。

 

灯凪田テイルも、たいへんお得にお世話になってま~す。(*´▽`*)

 

  

 

 

タイトルとURLをコピーしました