4月2週までの損益報告&FRBの本気感

No2実績報告

株価が落ち着きを取り戻してきたようです。

 

maoちゃん
maoちゃん

え、なんで?だってコロナの感染者&死亡者は

まだ増え続けているぢゃないの

ヨーロッパはピークアウトか?

アメリカもピークアウトが見えてきたか?

というニュースはありますが、まだまだ予断を許さない

感じではないでしょうか。スペイン風邪では第2波、第3波の

流行があったという情報もありますし、未知のウイルスが

このまま大人しく退散してくれるかどうかは誰にもわかりません。

 

 

スポンサーリンク

市場の落ち着きは損益の数字にも表れている

ただ、確かなことは株価が戻りつつあり、

マイナスだった損益も含み損が減ってきました。

Graph4.12①

Graph4.12②

maoちゃん
maoちゃん

あら、ホント。数字とグラフは正直ね

灯凪田テイル
灯凪田テイル

ホッとすると同時に、なんだか不気味な気もするんですよね

 

FRBはジャンク債まで買い入れを決定

これまでもアメリカの中央銀行FRB(連邦準備制度理事会)と

トランプ大統領は、破格の支援策を行ってきました。

その総額だけでも驚愕したのに、今度は前例なき「禁じ手」

ともいうべき「ジャンク債(投資不適格の社債)」まで

買い入れすることを決断したというのです。

 

maoちゃん
maoちゃん

それだけアメリカ政府もFRBも、必死ってこと?

灯凪田テイル
灯凪田テイル

だね。そうとしか思えない。あたしは安心どころか、

逆にものすごく不安になってるんだけど

これまでは投資適格(トリプルB格以上)だった社債の

購入基準を、不適格(ダブルB格)まで容認するということは、

それだけの危機感を抱いているということに他なりません。

 

灯凪田テイル
灯凪田テイル

あとは、なんとしてでも経済を落ち込ませないぞ

っていう本気の覚悟でしょうか。。。

maoちゃん
maoちゃん

でもすでに、リーマンショック以上の景気後退は

ほぼ確実なんでしょ?

まぁ、これだけ都市封鎖が続いて経済活動が

ストップしていれば、それは推して知るべしというか。。。

しかも全世界規模ですし。。。

 

ただ、当初言われていた「二番底」が、来ないのでは?

という意見が多くなってきました。

それを回避するためにこれからもFRBやトランプ大統領は、

あらゆる方策を取ってくるだろうという予想でしょうか。

 

でもアメリカやヨーロッパ、規模は小さいけれど日本だって、

支援したお金は後々財政にじわじわと

ボディブローのように効いてくるはずです。

コロナの今後の収束具合によっては、

それが長期化する可能性もあります。

 

maoちゃん
maoちゃん

トランプさんは大統領選挙が終わるまでは、

ゼ~ッタイにコロナ恐慌なんて起こさせないと思うゎ

灯凪田テイル
灯凪田テイル

おお、大胆なにゃんこ予想!

大統領選挙は11月ですね。

にゃんこ予想が当たるかどうか、

それまで焦らずに見守っていきたいと思います。

 

皆さんも、どうかコロナ感染にはくれぐれもお気をつけて。

 

 

英会話に挫折した人に!英語教材ランキング1位( 1日6分聞くだけで英語が話せる)

手に入りにくい外国株式の一次情報を日本語でわかりやすく入手できる
モトリーフール・ジャパン。無料会員登録がおススメ!

 

タイトルとURLをコピーしました