そして暴落は本当にやってきた【3月第5週までの損益報告】

No5実績報告

約4か月前、灯凪田テイルは「米中貿易戦争」が

リセッション(景気後退)の引き金になるのかな…

なんて思っていました。

 

約3か月前、イランのソレイマニ司令官がトランプ大統領の

指示で殺害されたときは、これがトリガー(引き金)に

なるのかな…と思いました。

 

でも、全然違いました。

引き金を引いたのは、目に見えない微細なウイルスでした。

 

スポンサーリンク

先が見えない不安「コロナショック」

全世界で、ものすごい勢いで人が亡くなっています。

以下の記事で、1万人当たりの感染者数が一番多いのは、

イタリアでもスペインでもアメリカでもなく、

ヨーロッパの小国ルクセンブルクだと書きました。

米国失業保険申請者数328万3千人は大阪市の人口以上!
2月26日に発表されたアメリカ失業保険申請者数は328万3千人で、 過去最多と言われた1982年10月の69万5千人を大きく超えました。 maoちゃん 凄い数だとは思うけど、数字だけ見るとピンとこな...

Graph3.27

ルクセンブルクの人口は57万人です。

いま、新型コロナウイルスで亡くなっている人は全世界で約60万人です。

 

ルクセンブルクの人口より多いです。

小さな国が丸ごとなくなってしまうくらいの猛威、

とてもとても怖いです。

 

合計損益が▲250万円を超えても気にしない

2019年5月に投資を始めた頃は、リーマンショックや

それ以前のことを知っている先輩方を羨ましいと

思ったことがありました。

正直、次に大きな暴落が来たらあたしだって…なんて

考えたこともありました。

 

でも、いまはとにかくこの悲劇が早く終わってほしいと、

心の底から願っています。

アメリカにも、中国にも、スウェーデンにもお友達がいます。

クルーズ船問題以降、連絡を取る気持ちになれません。

そしてときどき、無性に哀しくなります。

 

だから、▲250万円くらいの損益が何だって思います。

もちろん、お金持ちじゃないので痛いです。

Graph329

 

Graph3.29②

 

次は再び日本かもしれない

昨日28日PM18:00からの安部総理の会見を見ました。

東京、大阪、名古屋などももしかしたら都市封鎖されるのではと

ドキドキしていました。

でも……あれで、本当に大丈夫なのでしょうか?

安部総理の会見は、「大胆に」とか「かつてない強大パッケージ」

とか中身のない言葉が躍るばかりでした。

 

牛肉券やお魚券、メロン券…国民をバカにしているのか

と思うような国会議員たちのやり取り、「森友問題」を

なかったことにしようと今後に及んでもシラを切り続ける

総理とお友達の面々。

この国は、大丈夫なのでしょうか?

 

次にコロナが爆発的に拡大するのは日本かもしれません。

コロナが収束しても、信じられる政治家がいません。

コロナは様々な日本の脆弱さを浮き彫りにし続けています。

 

東京から帰省した青森県八戸市の女性が、

コロナ陽性反応だったそうです。

これ、予測できないハズはありませんよね?

政治家の皆さん、専門家の皆さん。。。

 

おそらく新幹線を使い、その後はどんな交通機関を使っているのか

わかりませんが、各地できっとこんなことが起こります。

 

怖いです、本当に。本当に、怖いです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました