投資にはどんな種類があるの?Part.1

投資の種類 投資のキホン

 

日本の株? 米国株式、新興国株?

投信信託、インデックス投資??

ロボアドバイザーに、FX、デイトレード???

iDeCoやNISAは聞いたことあるけど…。

 

一口に投資といっても、本当にいろいろあって

何からはじめていいいのか、

どれが大丈夫で、どれが注意が必要なのか、わかりませんよね。

 

灯凪田テイル
灯凪田テイル

投資商品一つひとつを検討するのは少し置いておいて、

まず、投資にはどんな種類、いえ、どんな性格があるのかを

見てみませんか?

maoちゃん
maoちゃん

性格の悪い投資を選ぶのは、

悪い男に引っかかるのと同じなのょ!

灯凪田テイル
灯凪田テイル

…かどうかはわかりませんが、大切なお金と将来をかけるのです。

慎重になって損はないと思いますよね!

スポンサーリンク

投資には「ゼロサム・マイナスサム・プラスサム」ゲームがある

「なにそれ?」って思いますよね。

では、一つひとつ見て行きましょう。

 

1)ゼロサムゲーム

ゼロサム(zero-sum)とは、参加者全員の「利益」と「損失」の合計が

ゼロになるもののことです。

たとえばマージャンやポーカーなどは、勝った人と負けた人の合計が

プラスマイナスゼロになります。

例)Aさん2万円勝ち  Bさん 1万円勝ち  Cさん 3万円負け

2万円+1万円-3万円=0

 

為替の差益を取るFX、一日に株の売買を繰り返すデイトレードも、実はこれに当たります。

もちろんFXやデイトレードで億単位の利益を得ている天才的な人もいます。

でも約9割は負けている、と言われる厳しい世界です。

しかもかなりの長時間、チャートに張り付いて神経を尖らせていなければなりません。

maoちゃん
maoちゃん

なんか、恋愛も疎かになるし、ショッピングやゆっくりお茶なんて

時間も取れなさそうだし、勉強や仕事にだって支障をきたしそうね。

灯凪田テイル
灯凪田テイル

まぁ、そこまでのめり込んでしまうかどうかは人によると思いますが、

中毒性は感じるし。堅実に人生を楽しみたい女子には、

不向きな感じですよね。

レバレッジ(少ない資金で何倍もの取引ができる)をかけて、

10万円しかないのに100万円(レバレッジ10倍)の取引をして、

勝てればよいけど、負けたら90万円の損失。

ロスカット(強制決済)になってしまうこともあります。

maoちゃん
maoちゃん

自己破産したなんて、怖い話も聞くわね。

「ハイリターン」と「ハイリスク」は背中合わせだということを覚えておきたいですね。

それでも、自分は天才だと思う人は、無理に止めません。(*´ω`*)

 

2)マイナスサムゲーム

 

参加者のほとんどが負けるのが、マイナスサムゲーム。

代表的な例として、宝くじがあります。

しかも宝くじは「胴元」が約50%を取って、残りを購入者に還元するという

胴元ボロ儲けのシステムだって知ってますか?

還元率が100%にならないもの(宝くじの場合は胴元50%以上、購入者還元率50%以下)、

それがマイナスサムゲームです。

もちろん、1等に当選して何億もの大金を手にする人もいるので、

「夢を買う」と言う人もいます。

灯凪田テイル
灯凪田テイル

夢を買うことは、本人が納得していればOK。

実は、私も週に1回BIGまたはロト7を自動購入しています。(*´ω`*)

maoちゃん
maoちゃん

もちろん高額当選なんて、1度もなし。

最高で1万円が1回当たったことがあるわね

言い訳っぽいですが、ランチ1回をお弁当にする、で

それほど痛手は感じないです。( *´艸`)

 

パチンコや競馬、競艇もマイナスサムゲームです。

マイナスサムゲームの怖いところは、中毒性があること。

パチンコにハマって毎日通い続けたり、

借金してまで競馬や競艇につぎ込むなんて話も聞きますよね。

 

手軽でハマりやすい、そんなマイナスサムゲームには

お互い注意しましょうね。(*´ω`*)

 

3)プラスサムゲーム

参加者全員が利益を手にできる、プラスサムゲーム。

そんなものあるの?って思いますよね。

 

これが多くの金融の専門家や投資家が認める

アメリカを中心にした全世界へ投資する「長期投資」です。

 

この「長期」というのがポイントです。

アメリカは、多くの優秀な人材や富が集まり

GDP(国内総生産)も成長し続けています。

 

またアメリカはGDPを支える若い世代が、

いっそうの高齢化社会を迎える日本とは比べものになりません。

 

  

※出典:https://www.populationpyramid.net/

 

左がアメリカ、右が日本の2030年の予想データです。

20代から働き盛りの40代までの層の厚さが、一目でわかると思います。

 

 

さらに株価の推移では過去のデータを見ても、

ITバブル崩壊やリーマンショックを経ても、

アメリカ経済は復活し、成長し続けていることがわかります。

※NYダウは、世界経済の中心であるアメリカの代表的な株価指数です。

もちろん未来に絶対はありません。

けれども、この成長する市場に「長期」「分散」投資する。

参加者全員が利益を上げる可能性が高い投資、

それが「インデックス・ファンド」であり

「ETF」だと多くの専門家や投資家は声を揃えます。

 

灯凪田テイル
灯凪田テイル

灯凪田テイルも、そう思っています

さて、次回はさらに進んで、

個別の投資商品にはどんなものがあるかを

一緒に学んでいきましょう!

 

楽天でポイントをガンガン貯めて投資しよ?ポイント・チャンスを見逃さない♪

   

自分に投資女子♪

 

 ショウガ葉酸

タイトルとURLをコピーしました